富士登山の準備 服装と持ち物は?初心者が注意しておきたいこと


初めて富士登山にチャレンジすることを決めたら、出発までに準備をして体調も整えて出発しましょう。

初心者が富士山に登る前に準備をしておきたい服装や持ち物についてまとめてみました。

富士登山の準備 服装は?

基本的には登山用のものを準備することをお勧めしますが、富士山以外登る予定がないので1回だけのために揃えるのも…と思う方も多いかもしれませんね。

登山用に作られているものは効率が考えられているので、着替えを何枚も持って行って汗をかくたびに着替えられるのであれば綿のTシャツでも問題はないと思いますが、荷物や手間を減らして安全に快適に登るためには必要なものは揃えておきましょう。

荷物の軽さは安全にも繋がります。

★アウター
吸汗速乾の化繊の長袖シャツ+フリース、ライトダウン(休憩中やご来光待機中、宿泊中用)

ご来光のために夜中に登るなら、ご来光の待機時間に冷えないような対策も必要です。頂上は真冬と思って準備していきましょう。寒がりなタイプで荷物に余裕があれば厚手のパーカーなどがあってもいいくらいです。

ウールや特殊な綿素材のものもありますが、基本はオール化繊の重ね着です。寒さや暑さを感じたらすぐに着脱できるタイプのものを選びましょう。

予算的に抑えたい場合もできればインナーは化繊のものを用意したいですね。

★ボトム
綿(コットン)は汗や雨で濡れてしまうと厄介ですので、できれば登山用の化繊のロングパンツを用意することをお勧めします。どちらかというとアウターにかける予算を削ってもボトムは登山に適したものを選んだ方がいいでしょう。

肌を露出しているとケガをしやすいので、ロングパンツがおすすめですが、ハーフパンツの場合はタイツをはくか、ハイソックスをはいた方がいいと思います。

代用品で考えるのなら、ジーンズよりはチノパンの方がいいでしょう。

★雨具
たとえ天気予報が晴れであっても、レインウエアは必需品です。当然ですが、きちんと防水出来るものを選びましょう。

レインウエアは雨の時だけでなく、簡易的な防風や防寒の役目もあります。上下セパレート式のものが便利です。

★シューズ
履きなれたトレッキングシューズが一番いいとは思いますが、履きなれていないものならばスニーカーでも代用は可能です。

ただしスニーカーだと下りは滑りやすく足首を痛めてしまう可能性もあります。特に柔らかい靴だと捻じれてしまったり、振動も大きく体への負担が大きくなることは覚悟しておきましょう。

そして、しっかり防水対策が出来ていないと足が濡れ、ふやけてケガをしやすくなる上に体温も奪われることにも繋がります。

特に雨や低温が予測されている時にはスニーカーはおすすめしません。また、汚れたり、傷がつくことも想定しておきましょう。

ソックスは厚手のものを用意しましょう。

普段あまり歩いていない場合は下山してからかなり足が痛くなることもあるかもしれません。

★その他
特にハイカットのトレッキングシューズではない場合にあったらいいのが、石や砂が靴の中に入ってくることを防いでくれるスパッツです。

こんな感じのものです。

どうしてもなければならないものではないですが、あると便利ですね。

お金をかけたくない場合は、100均でゆるめのサポーターを買って代用するか、冬の防寒用のレッグウォーマーを利用する方法もあります。夏場には入手しにくいかもしれませんが。

大人気の富士登山ですので、毎年多くの人が登ります。レジャー感覚で1度きりと思うと1回しか使わないものにお金を掛けたくないと思うかもしれませんが、1~2日たっぷり楽しめて無事に帰って来られれば満足感も達成感も得られるのが富士登山。装備にお金をかければ登山は楽になります。どこにお金をかけるのか、かけないのかはそれぞれ工夫をしましょう。

《参考》
★登山用品を扱っているお店
日本最大級の登山用品・アウトドア用品専門店 好日山荘

キャンプ、BBQ、登山のアウトドア用品ならエルブレスで♪

楽天の登山・アウトドアファッション特集ページ

富士登山の持ち物の準備

服装を決めたら、次は持ち物の準備ですね。

・ザック
荷物は軽いに越したことはありません。
大きすぎないものを用意し、雨よけのカバーもあるといいですね。
雨よけカバーがない場合は、中身を完全防水のケースに入れるか中身全体をザックの中で大きなビニール袋で包んでしまいましょう。

・飲料水
水、スポーツドリンク、飲むタイプのゼリー等も便利です。
普段の水分量も考えて自分に必要な量を判断しましょう。お水はとにかく重いので負担になります。
価格は高くなりますが、山小屋でも購入出来ます。(500mlで400円程度)
水の価格に体の負担を軽くしてくれている分も含まれていると思えば高くないことも。自分の体力と相談して考えましょう。

・帽子
強風でも飛ばされないタイプ、夜間登山なら防寒用の帽子があるといいと思います。

・手袋/軍手
ご来光を見に行くのならスキー用のグローグでもOK。

・ヘッドライト/懐中電灯
バッテリーチェックは忘れずにしておきましょう。手に持たなくていいヘッドライトが便利です。登山以外に防災用にもなりますね。
夜間登山にはもちろん、山小屋によっては昼間でも薄暗いこともあります。
ただ、人が多いと他の方が照らしてくれるので真っ暗で歩けないということはないと思います。

・サングラス/日焼け止め
太陽が出ていると長時間紫外線の下を歩くことになります。

・現金/100円硬貨
100円硬貨はトイレに必要です。

・食糧

・マスク
下るときに砂塵が舞うことがあるので、喉や鼻を守るためにあるといいですね。

・酸素缶
高さにゆっくりと体を慣らし、深呼吸しながら気を付けて登れば必要ないとは思いますが、心配な方はあると安心です。

・耳栓
山小屋に泊まる場合はあるといいかと思います。

・杖/ストック
あれば脚への負担は減ります。

荷物が重くて体が疲れてしまうと登山自体が苦痛になってしまいます。荷物は極力軽くして行きましょう。服装のところでも触れましたが、雨具は絶対に忘れずに持って行ってくださいね。

富士登山の準備 初心者が注意しておきたいこと

みんな登っているから大丈夫と思いがちですが、高山病には注意が必要です。

5合目で1時間以上休憩をしたり、とにかくゆっくり体が慣れてから休憩もとりつつ登っていくことが大切です。体力がある人の方が高度に体が順応する前に高いところまで行ってしまうので高山病になりやすいことも。ペースを上げず、呼吸は深めにしながら登りましょう。慎重なくらいでちょうどいいと思います。

特にご来光を見に行く場合、日の出前はとにかく寒いです。真冬です。そして太陽が出てくると暑くなり紫外線も強くなります。

7月の連休、お盆休み中は特に混雑します。ずっと並んで歩いていくような感じになることは覚悟しておいた方がいいと思います。出来るだけ空いている時期を選ぶのなら学校の夏休み前の平日です。

お鉢巡りは、初めての富士登山ではあまりお勧めしません。どちらかと言うと下山の方が体には負担がかかるので、体力的にも時間的にも余裕がある場合のみにしましょう。1度経験してから、2回目以降に楽しみをとっておくのもいいのではないでしょうか。

天候は当日になってみなければ分かりませんが、富士山では下から上に捲り上げるような物凄い雨が降ることがあります。また、飛ばされてしまいそうな強風になることもありますので、常に安全最優先で行動しましょう。

出発前に予習しておくことをお勧めします。

さいごに

決して無理はせず、ダメかもと思った時には先に進むことをやめて下山する勇気を持ちましょう。無理をするとかえって周りに迷惑をかけてしまうこともあります。

少なくとも服装や靴などの準備不足や判断ミスで低体温になって救助してもらうことになってしまうなんてことがないようにしっかり準備をして、楽しんできてくださいね。

Menu

HOME

TOP