新幹線の指定席が取れない時に自由席に座る方法 座れないときは?

20160520_01
お盆休みや年末年始にゴールデンウィーク、新幹線での移動は毎回混雑必至ですね。

指定席を取って行こうと思っていたのに、取れなかった場合にはどうしたらいいのか、また自由席でも出来れば座りたいという時に座る確率を上げる方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

新幹線の指定席が取れない時

新幹線で指定席が取れなかったという場合でも、同じ列車で通しでの指定席は取れないだけというケースがあります。

例えば、東京から博多まで行きたい時に東京~博多間の指定席は取れなくても、東京→名古屋、名古屋→新大阪、新大阪→岡山、岡山→博多などと区間を区切れば席の移動はありますが、指定席が取れるということもあり得るのです。

また、同じ列車でなくても東京から新大阪間は「のぞみ」で行き、新大阪から岡山間は「ひかり」に乗り換えて、さらにその後岡山から博多までは「のぞみ」に乗るということも可能です。

もちろん別々に手配しても全く指定席に空きがなければ無理ですが、列車内での席の移動や乗り換えても座れるかどうか分からない自由席はちょっと…と思う場合には窓口で相談してみましょう。

列車を乗り換えれば当然待ち時間等もありますから、時間は掛かりますが並ばずに確実に座れるという安心感は得られますね。

新幹線の自由席に座る確率を上げる方法

毎年のことながらまとまったお休みには新幹線の乗車率は100%を超えてしまいます。指定席は取れなかったし、普通に行ったら自由席にも座れないという場合、少しでも自由席に座る可能性を高める方法をまとめておきます。

★座席数の多い車両に並ぶ

新幹線のトイレは奇数号車にあるので、偶数号車の方が座席数が多くあります。

例えば「のぞみ」の場合は1~3号車が自由席となり、
1号車 運転席&トイレ&座席(5席×13列=65席)
2号車 座席のみ(5席×20列=100席)
3号車 トイレ&座席(5席×17列=85席)
となります。

2号車が一番席数が多いので、同じように並んでいるのなら2号車を選びましょう。

また5号車まで自由席の「ひかり」の場合は4号車も狙い目です。

◆16両編成の車両の場合の自由席
「のぞみ」は1号車~3号車
「ひかり」は1号車~5号車
「こだま」は1号車~7号車と13号車~15号車
(15号車は喫煙席の場合があり)
となります。

★自由席の多い「こだま」を選ぶ

上記の通り、「こだま」は自由席が多いので時間は掛かりますが、初めから「こだま」を選ぶのもありですね。

駅で並んで待っているのなら、「こだま」で座って少しでも移動していた方が結果として早く目的地に着くという可能性もあります。

また、「こだま」の場合も1~5号車などが自由席と思っている方が多いので、2桁号車以降の自由席を狙いましょう。

★改札口付近を避ける

始発の新幹線ではない場合には、改札口に近い乗車口は降りてくる人が多く乗り始めるのに時間がかかるので改札口から遠いドアを選びましょう。

ホームの中央寄りに改札があることが多いのでホームの中央付近からは離れた場所の方がいいですね。

★新幹線の発着駅を調べておく

東海道・山陽新幹線は東京や博多発着の列車ではなく、新大阪や名古屋発着の列車の方が通しで利用する方が乗らない分、空いている可能性が高くなります。

東北新幹線なら仙台発着の列車ですね。どこの発着の新幹線なのかは時刻表を見れば分かりますので、時刻表をチェックしておきましょう。

★人気の列車(時間帯)は避ける

当然ですが、みなさん考えることは一緒。出来るだけ長く目的地で楽しみたいと思えば、お盆休みや年末年始の初日の午前中やその前日の夕方以降、また連休の後半になると上りが混雑してきます。

ちょっとずらすだけで座ることが出来る場合もありますから、立ってでも目的地に行く覚悟でなければ少しずらしてみることをお勧めします。

重要なのは「時刻表」。列車の間隔や発着駅など様々な情報が書かれていますので、出発前に確認しておきましょう。

また、車内に入って空席を見つけたらすぐに座りましょう。混雑している状況で並びの席を探していたり、3人がけの真ん中でなので躊躇したりしていると空席はあっという間になくなります。

新幹線の自由席にも座れないときは?

色々手は尽くしても乗車率が100%を超えていれば座れない人がいるということです。

万が一座れなかった時にはデッキではなく車両の真ん中付近で次のチャンスを待ちましょう。途中の駅で降りる人がいたとしてもデッキにいては座れる可能性はほとんどありません。

さらに座れない人が多くて自由席の通路部分までぎゅうぎゅうに混雑しているような時には指定席の通路部分に立つことが可能になる場合があります。その場合は自由席から離れた指定席号車の方が通路も空いていますので、完全に座ることを諦めたら出来るだけ自由席から離れた車両まで行くと比較的楽に立っていられます。ただし、席が空いても指定席なので座ることは出来ません。

逆に言うと指定席を取っていても、自由席に近い号車だと自由席に座れなかった人が通路にたくさんいるということもあり得ます。

指定席を取ってゆっくり過ごしたい場合は、自由席から離れた車両を選ぶ方がいいかもしれませんね。とは言えそんなことを言ってる余裕はないかもしれませんが。

さいごに

大型連休の新幹線はどうしても混みます。

思い切って横浜から名古屋などの短い距離なら普通電車で行くという選択肢もありかもしれません。高速バスは渋滞の可能性がありますが、電車の場合は事故でもない限りは時間が読めますので。

少しでも快適な旅になりますように!

旅全般
スポンサーリンク
日本国内を旅しよう
タイトルとURLをコピーしました