東京観光 お金のかからない方法 無料バス情報とおすすめスポット

20160610_01
東京へ行く機会が増えてくると移動の費用だけでも結構掛かりますね。都内で観光する時の費用は出来るだけ抑えたい時のおすすめスポットと無料で乗れるバス情報等をまとめてみました。

都内在住でも意外と知らない無料の展望スポットやバスを上手に利用してお得に楽しみましょう。

スポンサーリンク

東京観光 お金のかからない遊び方

スカイツリーや東京タワー、六本木ヒルズの東京シティービュー、サンシャイン60など東京を上から見られるスポットはありますが、上に行くだけでお金が掛かってしまいます。

ただ、高層ビルは他にもいくつもある東京。無料で上からの景色を眺められる場所もたくさんあります。

場所によって見える場所も様々ですので、色々行ってみても面白いのではないでしょうか。天候はもちろん季節や時間帯が異なればまた違った景色が眺められるはずですので、同じ場所に季節を変えて何度か訪れてみるのもいいでしょう。

★無料で行ける展望スポット★

◆恵比寿ガーデンプレイス
恵比寿ガーデンプレイスタワーのレストランフロアの39階に展望ロビーがあります。(38階は2016年6月現在改装中)
眼下に恵比寿、渋谷・新宿方面、また天候によっては富士山が見えることもあります。夜景もおすすめ。

◆キャロットタワー
三軒茶屋駅からすぐのにんじん色をした26階建てのキャロットタワー。最上階に展望フロアがあります。26階だとそんなに高くないと思われるかもしれませんが、周りに高い建物がないので開放感があります。

無料の展望スペースからは西側の東名高速や世田谷通り方面を眺められます。西側ですので夕暮れ時がいいですね。

新宿、東京タワー、スカイツリー方面も見たい場合は展望レストランへ。比較的リーゾナブルなので夜景を共に夕食を楽しむのもおすすめです。またレストランの他にBar&Cafeもあります。

◆都庁の展望室
こちらの記事を参照下さい。⇒東京観光のおすすめ 初めての女子ひとり旅 夜の観光スポットは?

◆西新宿のビル
都庁のそばの西新宿のビル、新宿住友ビル、新宿NSビル、野村ビルには無料の展望スペースがあります。

□新宿住友ビル
レストランフロアの51階に展望ロビー
□新宿NSビル
NSスカイレストランのある29階に空中ブリッジ
□野村ビル
レストランフロアの50階に展望ロビー

無料で楽しめるのはそれぞれレストランのあるフロアから眺められるというものですので過度に期待はせずに行きましょう。

◆カレッタ汐留
地上200mの46階と47階部分に小規模な展望スペースがあります。レインボーブリッジやお台場、築地、晴海方面がを見ることが出来ます。

◆渋谷ヒカリエ
11階に展望スペースがあります。高さはありませんが、周りに高い建物がないので意外と見渡せます。再開発中の渋谷を上から見るのも面白いです。

◆丸の内ビル(丸ビル)
丸ビルの35階と36階のレストランフロアの南方向に吹き抜けになった展望スペースがあります。丸の内エリア、霞ヶ関や東京タワーも見渡すことが可能です。お天気が良ければ夕陽が沈んでいく富士山が眺められることも。東京駅から近いので、時間がある時についでに寄るのもいいですね。

◆タワーホール船堀
大きな展望室ではありませんが、360度見渡すことが出来ます。東京・千葉方面が眺められるので、スカイツリーや東京ディズニーリゾートも見ることができます。

◆浅草文化観光センター
観光客で賑わう雷門の向かいにある浅草文化観光センター。その8階に展望スペースがあります。仲見世を見下ろすことが出来、スカイツリーもよく見えます。

練馬区役所
練馬駅から徒歩5分の練馬区役所の20階に展望ロビーがあります。東側以外の三方向を見ることが出来るので富士山やスカイツリー方面も眺められます。21時30分まで開いていますので、夜景も見ることが可能です。

◆北とぴあ
王子にある「北とぴあ」は公共施設ですが、最上階の17階に展望ロビーがあります。展望台は埼玉方面に面しており、眼下には飛鳥山公園が広がっています。22時まで開いているので一応夜景も見ることが出来ます。

◆羽田空港 国際線ターミナル 展望デッキ
羽田空港のターミナルビル5階に展望デッキがあります。上から見るスポットではありませんが、24時間オープンしていて、航空機だけではなく、天気がいいと東京タワーやお台場方面まで眺められます。

東京観光 無料バスを上手に利用する

都内の観光に知っておくと便利な無料バス。地元企業の協賛などによって運行されています。

★東京ベイシャトル
臨海副都心内、お台場エリアを毎日11時30分~19時30分まで、約20分間隔で運行されています。年中無休で一周約40分です。

1.日本科学未来館
2.フジテレビ湾岸スタジオ
3.ヴィーナスフォート(パレットタウン)
4.東京テレポート駅
5.ダイバーシティ東京プラザ
6.ヒルトン東京お台場
7.アクアシティお台場
8.フジテレビ
9.ホテル グランパシフィック LE DAIBA
10.青海臨時駐車場

一時間に3本ですので、時刻表をチェックして上手く利用したいですね。

◆運行ダイヤとルートは⇒こちら

丸の内シャトル
通常ルートは大手町、丸の内、有楽町エリアを10時~20時まで12~15分間隔で運行しています。一周約35~40分。
通常ルートに加えて、平日は朝8時~10時までの出勤時間帯は大手町ルート(下記の1~7の停留所を巡回)として大手町エリアのみ運行しています。

1.新丸ビル
2.大手町タワー(みずほ銀行本店前)
3.東京サンケイビル
4.日経ビル
5.経団連会舘・JAビル
6.読売新聞
7.三井住友銀行
8.郵船ビル
9.丸の内マイプラザ
10.東京會舘(建築中の為、休止中)
11.第一生命
12.日比谷
13.新国際ビル
14.三菱ビル

◆運行ダイヤとルートは⇒こちら

メトロリンク日本橋
八重洲、京橋、日本橋エリアを1月1日を除く毎日10時~20時まで約10分間隔で運行しています。

1.東京駅八重洲口
2.呉服橋
3.地下鉄日本橋駅
4.地下鉄三越前駅
5.三井記念美術館
6.JR新日本橋駅
7.日本橋室町一丁目
8.日本橋南詰
9.日本橋二丁目
10.日本橋三丁目
11.地下鉄宝町駅
12.京橋二丁目
13.京橋一丁目

東京観光 無料のおすすめスポットは?

もうひとつ無料で楽しめる場所と言えば公園です。都内には数多くの公園がありますがそのうちのいくつかをご紹介したいと思います。

等々力渓谷公園
夏場でもひんやり気持ちのいい等々力渓谷は都内で唯一の自然渓谷です。

林試の森公園
旧林野庁林業試験場の跡地で立派な大木が多いので日陰があり、夏でも比較的涼しい都立公園です。

飛鳥山公園
JR王子駅徒歩1分の飛鳥山公園。丘の上の緑豊かな公園には公園入口から飛鳥山山頂までを片道2分で結ぶモノレール「あすかパークレール」があり、無料で乗車出来ます。公園の東側の端には紙の博物館、北区飛鳥山博物館、渋沢史料館がありますがこちらは入場料が掛かります。

飛鳥山公園は上記の無料展望スポットでご紹介した「北とぴあ」と併せて訪れてもいいですね。

また、皇居東御苑も無料で見学可能です。
皇居東御苑
年末年始と月曜日、金曜日が休園となります。また月曜が祝日の場合、火曜日がお休みになることもあるので、開いているかどうかチェックしてから出掛けましょう。

◆代々木公園
JR原宿駅から徒歩3分の都内の憩いの場、代々木公園。渋谷からのんびり原宿や明治神宮あたりを散策しながら行くのもいいですね。途中、NHK放送センターに寄るのもいいでしょう。NHK放送センター(NHKスタジオパーク)は通常入場料が200円掛かりますが、週末やゴールデンウィーク、8月などに「無料公開デー」がありますので、興味のある方は無料かどうかと休館日ではないかをホームページで確認してから行かれるといいと思います。

NHKスタジオパークの無料公開デーを確認する

さいごに

東京まで行くのにも、また都内を移動するのにも交通費は合計していくと意外と掛かりますから遊びに行く場所は出来るだけお金のかからない場所に行きたいですね。

調べてみると無料で遊べる場所は結構たくさんありますので、お得な情報を調べて上手に利用しちゃいましょう。

関東
スポンサーリンク
日本国内を旅しよう
タイトルとURLをコピーしました