お盆休みの東京のおすすめは?朝から楽しめる空いてるスポットはある?

20160616_01

毎年お盆休みの期間の東京はバリバリの観光地はいつも以上に混み合いますが、観光スポットは混んでいても道路や電車は空いているので、少なくとも移動は楽になりますね。

お盆休みは都内で楽しみましょう。お盆休みに大人が東京観光出来るスポットをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

お盆休みの東京 おすすめスポットは?

まずは屋内なので涼しい歌舞伎座で観劇は如何でしょうか?

20160616_02
8月の歌舞伎座は毎年「八月納涼歌舞伎」が上演されます。

2016年は8月9日(火)~28日(日)までで今年も三部構成の予定です。

第一部は11時~、第二部は14時45分~、第三部は18時~なので、他の予定に合わせて都合のいい時間帯が選べますね。

事前にチケットを取るのならこちらのホームページで詳細を確認してみてください。チケットは7月12日から発売されます。

急に行こうかなと思い立った場合やちょっとだけ観たいんだけどという時は当日券のみで発売される幕見席がおすすめです。

幕見席は歌舞伎座の4階ですので、観やすい席ではありませんが、その分安い料金で鑑賞出来ます。全て自由席で通常の公演では椅子席約90席と立見約60名の合わせて約150名分が用意されます。

当日、歌舞伎座の1階正面玄関の左手にあるチケット売り場で「幕見席チケット」を購入してからチケット売場裏手にある幕見用のエレベーターで歌舞伎座の4階へ。チケットに入場番号が記載されているのでその番号順に入場となります。遅くとも開演に20分前までには4階のロビーに到着しておきましょう。

演目によってチケットの料金は変わります。1,000円以下のものから2,000円程となります。

その月の幕見席のチケットは何時に発売されていくらかというのは初日か初日の前日にこちらのサイトで確認出来ますので、行く前にチェックしておきましょう。

「歌舞伎美人」のNews欄
上手く見つけられない場合は検索欄に「幕見席」と打ち込んでみて下さい。

お盆休みの東京 朝から行きたいスポット

お盆休みの時期は当然暑いです。電車での移動だって人が多いよりはマシですが、真夏ですからやっぱり暑いものです。

暑い時期には午前中のまだ少し涼しい時間帯から楽しみましょう。

早朝から楽しめるのは、何と言っても築地市場ですね。むしろ午後には閉まってしまうお店もありますから午前中、朝から出掛けましょう。ただし、築地市場は日曜・祝日と2016年8月15日、16日はお休みですのでご注意下さい。

そして、朝ごはんを食べたら、築地からほど近い浜離宮恩賜庭園に散策へ。お天気のいい日中はちょっと厳しいかもしれませんが、きれいに手入れをされた庭園で清々しい気分が味わえます。

通常の開園時間は午前9時ですが、夏場は早朝開園で7時半~開いている時期もあります。(お盆休み前に終わってしまっているかもしれませんので要確認です。)

入園料は一般が300円、65歳以上が150円です。

例年、8月くらいから秋にかけてキバナコスモスが見頃となります。時期をずらして種がまかれるので長い期間楽しめる工夫がされています。

便数が少ないのですが時間が合えば、浜離宮恩賜庭園から日の出桟橋や浅草方面へ水上バスで移動するのも旅気分が上がりますね。乗りたい場合は時刻表をチェックしておきましょう。

お盆休みの東京 空いてるかもしれない新スポット

2016年4月から通年の一般公開が始まったばかりなのが、迎賓館赤坂離宮です。今年は初めてのお盆休みなのでどれくらい混雑するのか、空いているのかは未知数です。

本館及び主庭(迎賓館赤坂離宮本館(建物内)・主庭)の見学には事前の申込みもありますが、当日受付も1,000名の枠がありますのでチャレンジしてみるのもいいでしょう。

入場整理券は迎賓館正門前で朝8時頃からの配布となりますが、混雑状況や天候等で変更となる場合もあります。

午前10時~が500名、午前11時~が500名の合計1,000名となります。

2016年は8月6日(土)から8月14日(日)の間の非公開日は8月10日(水)のみですので、10日以外は週末でも大丈夫です。ただし、急な予定の変更がないとも限りませんので、公開スケジュールをチェックしてから出掛けましょう。

料金は大人1,000円です。

また、迎賓館赤坂離宮の前庭(本館の外観を見る)だけであれば、予約も不要、無料で定員もなく見ることが出来ます。

前庭の公開時間は10:00~17:00(入場受付16:30終了)、入場口は迎賓館赤坂離宮正門です。

さいごに

暑さを避けるのにはクーラーのきいている屋内で楽しむことも出来ますが、朝早い時間帯から動き出し、のんびりランチをして帰宅するのも夏の遊び方としてはいいのではないでしょうか。

朝から明るい夏の時期はちょっといつもより早起きをして、早朝から楽しみましょう。

《関連記事》
東京観光 お金のかからない方法 無料バス情報とおすすめスポット

東京観光のおすすめ 初めての女子ひとり旅 夜の観光スポットは?

東京を平日の朝に観光したい おすすめスポットはどこ?

関東
スポンサーリンク
日本国内を旅しよう
タイトルとURLをコピーしました