横浜観光 ひとり旅の女性におすすめのルートは?

20160623_01
初めてひとりで横浜を観光することになったらどこへ?
定番の観光スポットを巡りつつ、ちょっと違う角度からも横浜を見てまわってもらえればと思います。

ひとりで中華街でランチは出来る?カップルだらけなのでは?など気にすることはありません。1人で思いっ切り楽しみましょう!

スポンサーリンク

横浜観光 ひとり旅の女性におすすめは?

定番の横浜観光と言えば、ランドマークタワー、赤レンガ倉庫、大観覧車などのみなとみらいエリア、マリンタワー、山下公園、中華街エリア、元町、港の見える丘公園エリアなどはよくテレビ番組でも紹介されていますので、景色が目に浮かぶのではないでしょうか。

時間があれば、みなとみらいエリアから港の見える丘公園エリアまで中華街を経由して一通り回れればと思います。途中に観光スポットが点在していますので見ながら歩いて観光することも可能です。ただし、移動だけでかなり疲れると思いますので、おすすめはしません。

とりあえず、全部観たいならサクッと全体をよこはまの観光スポットをめぐる周遊バス「あかいくつ」に乗ってぐるっとしてみましょう。

1回220円(IC利用は216円)で利用できます。

20160623_03
1周して全体像を把握してから、気になった場所に行くのもいいでしょう。

あかいくつバスは2ルートあり、桜木町駅を拠点にみなとみらいルートが40分弱、中華街・元町ルートが1時間ちょっとで一周出来ます。

あかいくつ号に何度も乗る場合は横浜ベイエリアの市営バス、市営地下鉄、あかいくつが1日乗り放題となる「みなとぶらりチケット」、拠点が新横浜なら「みなとぶらりチケットワイド」がお得になるので、最初に購入しておきましょう。

20160623_02
限られた時間しかない場合は、みなとみらい、もしくは山下公園と中華街(&元町)などと絞って観光することをおすすめします。

2016年9月まであかいくつ号は1回100円で利用できたのですが、10月以降値上がりしてしまったので、みなとぶらりチケットのお得感が増しました。あかいくつバスだけでも3回乗ればお得になります。

また、移動はあかいくつバスもいいのですが、移動の一部におすすめしたいのがシーバスです。

横浜駅東口~10分~みなとみらい21(ぷかり桟橋)~5分~赤レンガ倉庫(ピア赤レンガ)~5分~山下公園を海の上から観光しつつ、移動も出来ます。

大きな窓から横浜港の景色を眺めながら目的地まで行けるので一石二鳥ですね。船内は空調もあるので快適です。

あっという間に目的地につくので、観光用のクルージングと違ってひとりでも気軽に乗れます。ただ、便数が1時間に1~2本と少ないので、時刻表をチェックして計画を立てておいて下さいね。

20160623_06
横浜駅東口から最初の移動に使うのもいいですし、赤レンガ倉庫から中華街方面への移動に利用するのもいいですね。

山下公園から中華街は歩いて移動出来ます。途中にマリンタワーやホテルニューグランドに寄るのもいいですね。

ひとりでも中華街で食べられる?と思っている方もいるかもしれませんが、気にすることはありません。2名以上からのコース料理などは無理ですが、オーダー式のバイキングのお店や単品の麺類やチャーハン、お粥のお店ならひとりでも入りやすいでしょう。

週末やいかにも混みそうな時期に行く場合は、時間を大幅にずらして行きましょう。並んでいるだけで1時間も2時間も取られてしまうのはもったいないですが、そんな時に空いているお店は微妙なことが多いですので…。かなり待たないと入れない場合は中華街の雰囲気だけ味わって、ご飯は違う場所で食べましょう。

聘珍樓(へいちんろう)がやっている麺類や点心が食べられる中華のファストフード店「聘珍茶寮SARIO」などはひとりで気楽に入れるお店のひとつですね。

横浜観光のおすすめは?ひとりでショッピングの場合

横浜でショッピングもしたい!という時は、お店があるエリアが点在していますのでどこのエリアに行くかは決めておいた方がいいでしょう。

ワールドポーターズと赤レンガ倉庫、クイーンズスクエア横浜とMARK IS みなとみらい、元町などの各エリアは1日で行けなくはありせんが、買い物もして移動もしてとなると結構離れていますのでポイントは絞っておきましょう。

各ホームページにお店の情報は掲載されていますので、事前にチェックして行きたい場所を決めておいて下さいね。

どうしても移動したい場合は、こちらも周遊バス「あかいくつ」を利用しましょう。

「MARK IS みなとみらい」から赤レンガ倉庫、赤レンガ倉庫から元町(逆ルートもOK)へ行くのには便利です。桜木町駅前を中心にみなとみらいルートと中華街・元町ルートを周遊しているので、赤レンガ倉庫からMARK IS方面へは遠回りになってしまいます。ルートによって20分~40分に1本の間隔でしか来ないので、利用する場合はしっかり時刻表をチェックしておきましょう。

横浜観光 景色を楽しむおすすめのルート

昼間の景色もいいですが、夕方から夜、夜景もひとり旅でももちろん楽しみたいところ。夜景スポットだとカップルだらけなのが気になるという場合は、移動しながら夜景を堪能しましょう。

是非、見ておきたいのが大さん橋からのみなとみらい方面の眺め。

20160623_04

写真を撮りに来ている人も多い場所です。この辺りならどこを切り取ってもきれいに写るでしょう。夕方に空がきれいに染まるのは秋から春までの間です。風が強いことが多いですので気をつけて下さいね。

大さん橋から象の鼻パーク、赤レンガ倉庫、ワールドポーターズ、汽車道を通って桜木町駅方面へ移動するルートなら、どこからでも十分みなとみらいの夕景、夜景が楽しめます。全部歩くのは疲れると思いますので、こちらも一部あかいくつバスを利用しましょう。

20160623_05

あかいくつバスの最終が19:01大さん橋旅客ターミナル発で赤レンガ倉庫に19:08、ワールドポーターズに19:11着予定となります。疲れていたら、そのまま桜木町駅までバスで移動することも可能です。夏至の前後はこの時間帯はまだ明るいですが、それ以外の時期なら夕景~夜景となりますね。

さいごに

特にここにどうしても行きたい!というスポットがない場合は、初めての横浜観光は欲張り気味に観光スポットを隈なく巡って、2回目以降に好きなエリアをじっくりまわるのもいいのではないでしょうか。

何となくテレビで見たことがある風景にたくさん出会えるはずです。

タイトルとURLをコピーしました