10月の旅行おすすめ 関東日帰り旅 バスツアーで紅葉は見れる?

20160709_01
10月は暑すぎず、寒すぎずお天気がいい日も多いので出掛けたくなりますね。

10月に東京エリアから日帰りで行かれるおすすめのスポットをご紹介したいと思います。

電車やバスの移動の時間を気にせず行かれるバスツアーだと気軽に行けますね。

スポンサーリンク

10月の旅行 おすすめは?関東エリアの日帰り旅

千葉、房総半島の真ん中あたりに位置する「大山千枚田」は日本の棚田百選にも選ばれている東京から一番近い棚田です。

例年10月中旬から1月初旬にかけて1万個のLEDによってライトアップされる「棚田のあかり」では幻想的な景色が広がります。階段状に連なる大小375枚の田んぼが絶景になります。

毎年10月後半には「棚田の夜祭り」が開催されます。夜祭り期間はLEDに加え、キャンドルを利用した3,000本のたいまつが棚田を照らし、特設ステージでのコンサートや花火などのイベントが行われます。

「棚田のあかり」のライトアップは16:00頃~20:00頃まで、明るいうちに到着してライトアップだけでなく棚田の景色も堪能しましょう。また、お天気が良ければ星空も見られるでしょう。

大山千枚田でライトアップ 棚田の夜祭り

◆住所◆千葉県鴨川市平塚540

大山千枚田はライトアップの時期以外も季節によって様々な景色が楽しめます。

◆アクセス◆
電車:JR外房線 安房鴨川駅下車。バスで金束行きに乗り「釜沼」下車徒歩約20分。
車:富津館山道路 鋸南保田IC~県道34号 長狭街道
鋸南保田ICから15km 通常約20分程です。

10月の旅行 おすすめの日帰り紅葉狩り

関東エリアの紅葉狩りは11月後半から12月にかけて見頃になるスポットが多いのですが、一足早く10月に紅葉を観たいなら、茨城県の国営ひたち海浜公園がおすすめです。

一年中様々な花がきれいに咲き誇る「国営ひたち海浜公園」で10月に赤く染まるのは「コキア」です。

国営ひたち海浜公園 ~コキアの紅葉・2015~

広大な敷地にはコキア以外もこの時期にはコスモス、秋バラなども見頃のはず。大観覧車やレンタサイクルなどもあり、一日楽しめます。3万2千本のコキアの見頃は例年10月上旬から中旬となっています。

◆開園時間◆
10月中は9:30~17:00

通常の休園日は毎週月曜日(月曜日が祝日にあたる場合は翌日の火曜日)ですが、10月は無休です。

◆入園料◆
大人(15才以上):410円
シルバー(65才以上):210円
小人(小中学生):80円
幼児(6才未満):無料

2017年10月は10/1(日)と10/22(日)が秋の都市緑化月間のため無料にて入園が可能な日となっています。

また、リード等で繋いでいればペットを連れての入園も可能です。特に混み合う時期は他の方に迷惑がかからないように十分注意しましょう。

◆駐車場料金◆
大型車:1,550円
普通車:510円

◆レンタルサイクル料金◆
大人3時間:400円 アシスト付き600円

◆車でのアクセス◆
北関東自動車道~常陸那珂有料道路の場合:ひたち海浜公園ICより約1km
常磐自動車道 日立南太田ICより約15km/東海スマートICより約13km

◆電車・バスでのアクセス◆
JR勝田駅から海浜公園行き茨城交通バスで約15分海浜公園西口、または南口下車すぐ。

◆住所◆茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4

10月のバスツアー 日帰り旅はバスが便利!

電車やバスの時間を調べたり、車の運転が苦でなければ時間が自由に使えますからバスツアーで行かなくてもいいと思いますが、集合場所に集合時間に行けばその後はバスに乗っていれば見どころに連れて行ってくれるバスツアーは楽ですね。

また、急に行きたくなった場合でも直前まで受け付けてくれるツアーもありますから一度チェックしてみましょう。

その時に「旬」な場所に連れて行ってくれるミステリーツアーはワクワク感も味わえますね。

HISのバスツアーは前日まで受付されているものもありますので急に行きたくなった時もOKです。

クラブツーリズムはバスツアーの種類が豊富です。上手く日程が合えばお得に旅に出られます。

行きたい場所が決まっている時には、
HISクラブツーリズムのホームページの検索欄に「大山千枚田」や「国営ひたち海浜公園」などと入れて探してみてくださいね。

さいごに

四季がはっきりしている日本の国内旅行だからこそ、旬の時期に旬な場所に行きたいものですね。

10月は毎年やってきますが、今年の10月は今年のみ。行ける時に行きましょう。

タイトルとURLをコピーしました