GW(ゴールデンウィーク)におすすめ 京都のツツジと藤の名所


京都観光には何度も行っているという方でも、時期によって見ることが出来たり出来なかったりするのがその季節の花ですね。

同じ場所の同じ花でもその年の天候や気温によって咲く時期も変わります。特に短い期間しか咲かない花たちはその時期に京都を訪れるのであれば見ておきたいものです。

今回は例年ゴールデンウィーク頃に見頃を迎えるツツジと藤が見られるスポットをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

GWにおすすめ京都のツツジの名所

緑の中に紫やピンク、白など鮮やかに彩るツツジ。例年ちょうどゴールデンウィークの頃に見頃となります。

蹴上(けあげ)浄水場
約4,600本のツツジが咲き、例年GW後半に一般公開されています。

市営地下鉄東西線の蹴上駅下車、2番出口すぐです。駐車場はないので公共の交通機関を利用して行きましょう。

ツツジの公開時には浄水施設の見学も出来、様々なイベントも開催されるので年々人出も多くなってきているそうです。

長岡天満宮

GWの前半に見頃を迎えることが多い、長岡天満宮のキリシマツツジ。ただ2016年は開花が早くゴールデンウィークが始まる頃にはほぼ終わってしまっているなど、その年によって開花日は異なります。例年開花状況が長岡天満宮のホームページで見ることが出来るので、最新の開花状況をチェックしてから出掛けましょう。

長岡天満宮のキリシマツツジ開花状況をチェック

キリシマツツジが満開の時期には屋台なども出て、様々な催しが行われます。また、キリシマツツジの苗木を購入することも出来ます。

三室戸寺
2万株のツツジが咲き誇る三室戸寺。京都の「つつじ寺」とも呼ばれています。

開花の時期に合わせて「つつじ・しゃくなげ園」が開園されます。

2017年は4月22日(土)~5月14日(日)の8時30分~16時30分の予定です。

ツツジの他、1,000株のしゃくなげ(石楠花)も。

○東福寺光明院 波心庭

枯山水の波心庭と共にツツジを見ることが出来ます。

神泉苑

池を囲むようにツツジが咲きます。例年、5/2、5/3、5/4に神泉苑祭が行われ境内にお店が並びます。

安楽寺(あんらんくじ)
普段は非公開のお寺ですが、例年ツツジの時期に合わせて例年5月上旬の土日と祝日に公開されます。緑がきれいなお寺です。その年によって変わりますので、事前に公開日をご確認の上、お出掛け下さい。

青蓮院門跡
好文亭の裏側の山裾斜面にキリシマツツジが植えてあり、一面真っ赤に染まることから「霧島の庭」と呼ばれています。

○城南宮

室町の庭ではツツジと藤を同時に楽しめます

上記の他、梅宮大社や桂春院などでもツツジが楽しめます。

京都の藤の名所は?

京都エリアの藤は上記の城南宮の他、宇治になりますが平等院が有名です。

平等院
約280年の樹齢と言われる平等院の藤。藤棚が観音堂の横にあり国宝の平等院鳳凰堂と一緒に写真を撮ることも可能です。

その年の気候によりますが、GWの前半が見頃に当たることが多いので、GW後半だと見頃を過ぎている可能性もあります。

○鳥羽水環境保全センター

「鳥羽の藤」と呼ばれ親しまれている全長120メートルにも及ぶ鳥羽水環境保全センターの藤棚も見頃の時期に一般公開されます。城南宮からも遠くないですので合わせて行くのもいいですね。

(住所:京都市南区上鳥羽塔ノ森梅ノ木1)

さいごに

見頃かどうか分からないけど、季節の花が見たいという時には府立植物園がお勧めです。種類が多いですからいつ行っても何かしら「今」の花を見ることが出来るでしょう。

通常であれば毎年咲く花たちですが、毎年見頃のいい時期に見に来ることが出来るとは限りません。一年に一度の旬を楽しみましょう!

関西
スポンサーリンク
日本国内を旅しよう
タイトルとURLをコピーしました