東京観光のおすすめ 初めての女子ひとり旅 夜の観光スポットは?

20160513_02
初めての東京をひとりで観光する時にとりあえず押えておきたいスポットと夜に女性が一人で行くのにはおすすめしないエリアなどをご紹介したいと思います。

また、都内での移動が不安な場合のひとつの解決方法を提案しています。

スポンサーリンク

東京観光のおすすめ 初めての場合

初めての東京観光なら、とりあえずは「いかにも」東京というスポットは押えておきたいですね。

東京観光の定番と言っても結構ありますが、
・浅草寺
・スカイツリー
・東京タワー
・六本木ヒルズ
・渋谷(スクランブル交差点、ハチ公、センター街、ヒカリエ)
・原宿/表参道/明治神宮
・新宿(都庁)
・銀座/歌舞伎座
・お台場
・築地
・上野(動物園、美術館)
・秋葉原
・皇居/国会議事堂

あたりが押えておきたいポイントになるでしょうか。

高いところから東京を見るなら、スカイツリー、東京タワー、六本木ヒルズの東京シティービューといくつもありますが、無料で入れるのが都庁の展望室です。都庁には南展望室と北展望室があり、それぞれ休室日が異なります。

南展望室:第1及び第3火曜日がお休み
北展望室:第2及び第4月曜日がお休み

祝日の場合はお休みが翌日になります。

都庁の展望室に行く場合は、事前に展望室が開いている日かどうかチェックして下さいね。

都庁の展望室のホームページ

行きたいポイントをいくつか回ろうと思ってもとにかく分かりづらいのが、都内の移動ですよね。最近は便利になったと言えば便利になったのですが、○○線と△△線直通の電車などが増えたのでますます分かりづらくなりました。同じホームで待っていても違う行き先の電車が次々とやって来るので、間違えると全然違うところに行ってしまったり…なんてことも。

時間的に余裕があれば、色々な乗り物に乗って移動すること自体を「観光」と思って楽しむのもありだと思いますが、そうではない場合は便利なのが「はとバス」ですね。

行きたい場所にピンポイントで迷わず連れて行ってもらえますから安心です。移動が不安で楽しめないのももったいないのですので、「はとバス」を選択肢に入れてもいいでしょう。

楽天トラベルからも「はとバス」の予約が出来ます。割引のクーポンがあることも多いので、利用する場合は必ず事前にチェックしておきましょう。

楽天トラベルではとバスのコースをチェック

また、浅草からお台場へ移動するのなら、水上バスがおすすめです。勝鬨橋やレインボーブリッジを見ながら移動できるので、観光しながらの移動で時間のロスも少なく、迷うこともありません。

東京でひとり 夜の観光スポットは?

夜景のきれいな観光スポットなどは他でも特集されていたりすると思いますので、今回は女性のひとり旅で夜は行かない方がいい場所、比較的行っても大丈夫なエリアをご紹介したいと思います。

もちろん、絶対安心な場所、絶対に行ってはいけない場所という訳ではありませんが、慣れていない土地では避けた方がいいエリアもありますね。

あまりお勧めしないエリアは、新宿の歌舞伎町、渋谷、池袋、六本木なども初めて行くのであれば夜は避けておいた方がいいでしょう。

逆に比較的安全なエリアは、原宿、表参道、恵比寿、代官山、お台場あたりですね。

曜日にもよりますが、時間帯が遅くなればどこでも当然酔っ払いが多くなったり、裏道に入ると人通りが極端に少なくなったりということもありますのであまり深い時間にならないように気をつけましょう。

東京を女子一人で観光

初めての東京でしかも一人だと色々不安に思うかもしれませんが、東京は女性が一人でいても浮いてしまうことはありません。

基本的にどこに行っても人は多いので、紛れてしまいますから一人でいることが目立つこともありませんね。

電車やバスなどの移動が不安なら、ツアーに乗るのが一番楽ですが一人でツアーに乗るのもちょっと…という場合は、乗る電車の路線を一つだけ決めて、その沿線の観光スポットを見て回るの如何でしょうか?

山手線なら山手線、銀座線なら銀座線のみに決めてしまえば途中下車をしても乗り換えなどを考える必要がありません。

山手線を一周するのも、同じ都内でもそれぞれの雰囲気の違いを味わえると思います。途中下車せずに一周すると約1時間です。ただ、混雑している時間帯に降りずに一周しても、あまり楽しくないとは思いますが。

ひとつの路線に決めるならおすすめは「銀座線」です。

渋谷と浅草間を結び、途中に表参道、青山、赤坂、新橋、銀座、日本橋、上野などを通りますので途中下車しての見どころがたくさんあります。

ちなみに銀座線は日本で最初の地下鉄だそうで、トンネルが小さいため車両も小ぶりでレトロな感じを残しています。本数が多いので、電車の時間を気にすることなく途中下車出来るのも魅力ですね。

銀座線を途中下車して楽しむのなら、使用開始から24時間東京メトロの全線の乗り降り自由な「東京メトロ24時間券」を買うのを忘れずに。

大人600円、当日各駅の券売機で購入できます。

さいごに

観光出来る時間や好みによって、行ったら楽しい場所はそれぞれだと思いますが、とりあえず東京に行ったら押えておきたいスポットをまとめてみました。

かなり長い時間滞在しないと全て見て回ることは出来ませんので、優先順位を決めて、余裕をもったプランを立てて楽しんで下さいね。

タイトルとURLをコピーしました