旅行ガイドブックのおすすめ~国内~電子版は?るるぶとまっぷるどっち

20160522_01
旅行に行くとき、ガイドブックはどうしていますか?

最近は電子版のガイドブックも出てきて迷ってしまうくらい選択肢が多くなりました。

旅行のガイドブックの選び方や本屋に行くと必ずと言っていいほど並んでいる「るるぶ」と「まっぷる」シリーズの特徴などをまとめておきます。

スポンサーリンク

旅行ガイドブックのおすすめ 国内旅行

電子版ではなく紙媒体のガイドブックのいいところは、地図が大きく出来たり、付箋などを付けておけば必要な情報にすぐにたどり着くことが出来ること、また必要に応じて書き込みも出来るところですね。

現地で人に場所を尋ねたりする時にも紙の地図の方が分かりやすいでしょう。

また、出発前に行きたい場所の目星をつけたり、位置関係を把握しておく「予習」用にも便利です。大きさも含めて様々な形態がありますので、事前に検討する、準備する時に必要なガイドブック、現地で持ち歩いて使うガイドブックなどの使い分けをするのがおすすめです。

多くの旅行ガイドブックが販売されていますので、最終的には好みで選ぶしかないのですが選ぶポイントをまとめておきたいと思います。

◆知っている地域(地元)のガイドブックを見て選ぶ
◆事前に検討する資料的なものなのか、持ち歩き用で選ぶ
◆行きたい場所の詳細度(ページ数)で選ぶ
◆地図で選ぶ
◆サイズで選ぶ
◆写真で選ぶ
◆カフェに特化したものなど特徴のあるものを選ぶ

ガイドブックにも寄りますが、掲載されているお店に関しては掲載料が必要だったりするケースもあるようですので、広告だと思っていた方がいい場合もあります。どこまでが記事でどこから広告なのかを判断するのは難しいですが、広告的なものもあると思っていた方がいいでしょう。

また、ガイドブックではないのですが各観光地の観光協会や観光課のホームページを見てみると観光パンフレットがPDFで見れたり、郵送してくれるところも結構あります。広い地域を扱うガイドブックよりもずっと詳しかったりしますので、行き先が決まったら一度チェックしてみることをお勧めします。

ザックリ計画を立てるのに、広範囲を扱ってイメージしやすい写真が多いガイドブックを使い、ある程度行きたい場所が固まってきたら観光協会などのパンフレットを利用するのもいいでしょう。

旅行のガイドブック 電子版は?

電子版のガイドブックの利点は何と言っても持ち歩きが楽なところですね。

ただ、アプリを起こして必要な情報までたどり着くのに少し時間が必要かもしれません。また、スマホを失くしたり、バッテリーが切れてしまったら全く何も分からない状態になってしまうリスクがあります。

旅行前に時間がある時に下調べしたりするのと現地で必要なピンポイントの情報を持って行きたい時には電子版のガイドブックが便利だと思います。

いつ、どこでその情報を使うかによって紙媒体のガイドブックと電子版のガイドブックを上手く使い分けが出来るといいですね。

最近は紙媒体のガイドブックを購入すると内容が全く同じ電子書籍のガイドブックを一冊まるごとダウンロード出来るサービスがあったりします。それ自体はとても便利なのですが紙媒体では見やすくても電子版にすると微妙だったりすることもあるので、今後は最初から電子版用に作られたものが増えてきてくれるといいなぁと思います。

ガイドブックの試し読みがしたい時は、「たびのたね」が便利です。ガイドブックや雑誌の旅行特集、現地の雑誌などの取扱いもあり、一冊まるごとダウンロードすることも出来ますし、抜粋版もあるので必要なところだけ購入することも可能です。

旅行ガイド・ご当地本のいいとこどり 電子書籍サービス「たびのたね」

過去の雑誌の特集記事や地元の出版社の雑誌は本屋さんにふらっと行っても手に入れにくい情報なので便利ですね。

るるぶとまっぷる おすすめはどっち?

本屋さんに行って旅行のガイドブックを選ぼうと思うと必ずと言っていいほど「るるぶ」と「まっぷる」が棚の中の多くを占めているのではないでしょうか。

とりあえず1冊は準備しておこうと言う時に「るるぶ」と「まっぷる」どっちがいいの?と迷ってしまう方も多いのではないかと思います。

一見、どちらも同じような感じですが、「るるぶ」の出版元はJTBパブリッシングという旅行会社JTBの関連会社で、「まっぷる」は地図を出版している昭文社が発行しています。

若い女性に人気のガイドブック「ことりっぷ」も昭文社の発行ですね。

どちらも基本的な情報は網羅していますが、地図を重視するなら「まっぷる」、旅行に行きたくなるような写真や情報が多めなのが「るるぶ」という感じでしょうか。グルメ情報はるるぶの方が多い気がしますが、ある意味広告でもありますので…。

どちらも購入することはありますが、個人的には「まっぷる」の方が好みなことが多いです。

ちなみに、上記の「たびのたね」はJTBパブリッシングが運営するサイトなので、残念ながら「まっぷる」や「ことりっぷ」のダウンロードは今のところは出来ないようです。ただ、JTBパブリッシング以外の出版社のガイドブックの取扱いもあります。

さいごに

旅先で情報収集する行き当たりばったりの旅もいいですが、滞在時間が短い時はやはり事前に下調べはしておきたいですね。

帰ってきてから、「近くにこんなところもあったんだ!」という残念なことにならないように、一通りチェックしてから行きましょう。

むしろその準備段階から既に旅は始まっていますので、ガイドブック選びもそのひとつとして楽しみたいですね。

旅全般
スポンサーリンク
日本国内を旅しよう
タイトルとURLをコピーしました