2月の北海道へ 靴はブーツ?真冬の北海道旅行で気をつけること

20161029_02
2月は雪まつりなどもありますから北海道旅行へ出掛ける方も多いですね。真冬の北海道へ行くのなら服装だけではなく、靴の準備も忘れずにしていきましょう。

2月の北海道の寒さは「寒い」と言うよりも「痛い」と言われるほど。足元も冷えますし、当然滑らない対策も必須です。

2月の北海道旅行の靴は、防滑・防寒・防水を考えて選びましょう。

スポンサーリンク

2月の北海道旅行 靴はブーツがいい?

防滑&防寒&防水が基本になりますから、まず布製のスニーカーやハイヒール、また靴底がつるつるなタイプの靴などは北海道で雪上を歩かない予定でない限りはやめましょう。

地元の空港から新千歳空港に到着して、そこから札幌駅、大通り、テレビ塔、ススキノまで雪上(氷上)を歩かなくても移動は可能です。なので、到着してから冬用の靴を調達することも出来ないことはありません。

札幌に到着してからの方が冬靴のバリエーションも豊かで店員さんに相談しながら選べるというメリットもありますね。ただ、2月も後半になってくると靴売り場が春物に変わっていきますので到着する時期が遅い場合はあまりおすすめはしません。

また、自分の足に慣らしておきたいタイプの方も早めに準備しておいた方がいいですね。

2月の北海道の道路はロードヒーティングがしてある場所以外は凍結してアイスバーン状態になっていてもおかしくないので、冬靴=滑らないという訳ではありませんが、夏用の靴は危険ですので冬靴を準備しましょう。

防滑対策として靴底に折りたたみ式のスパイクがついている靴もネット販売されているので雪国以外でも入手できますね。

⇒⇒⇒折りたたみ式のスパイクが付いたシューズを楽天で探す

また、コロンビアやティンバーランドなどのアウトドア系の靴はネットでもスポーツ用品店でも入手出来ると思います。

こんな感じのスパイクを靴に付けるタイプのものも売っています。

⇒⇒⇒靴に取り付けるタイプの簡易スパイク

場所によっては地面を傷めるので外して下さいと言われることもあるようですが、着脱も簡単ですのでひとつあると安心ですね。

冬靴として売られているものであれば、防水、防寒対策もされているはずですが、防水スプレーはコートなどアウターだけでなく靴にも使えるものを準備しておきたいですね。

防寒と言う意味ではロングブーツがいいですね。足にフィットしていない長靴では、長さはあっても雪が靴の中に入ってきてしまうと悲惨です。ショートタイプのものでも靴の中に雪が入らないようなものを選びましょう。
20161029_01
歩道は雪がなくても、横断歩道は車道なので凍っていることもあります。滑って転倒してしまうと骨折したり頭を打ったりということも考えられます。楽しいはずの旅が台無しになってしまう可能性も十分ありますので、気をつけられることは気をつけて楽しい旅にしたいですね。

2月に北海道へ旅行へ行く場合に気をつけること

2月の北海道へ行くなら当然防寒が必要ですが、手袋や帽子は万が一転倒してしまった場合に体を守ってくれるものにもなります。

帽子は厚手の毛糸のもの、手袋は防水タイプのもので手首までしっかり覆ってくれるタイプのものがおすすめです。

またマフラーも必須ですね。首を保温してくれる厚手のしっかりしたものがいいですが、長く垂らしたまま歩くのは危険ですのでやめましょう。

アウターは濡れにくい素材のもので、お尻まで隠れるくらい長いタイプのものだと転んでしまった場合にも腰とお尻を守ってくれます。フードがついているものだと吹雪いてしまった時にも心強いです。

スカートは当然寒いです。パンツの下にもタイツをはいておけば防寒とともに転倒時のあざの予防にもなりますね。

荷物はリュックタイプを選び、両手をあけておくことをお勧めします。ただ、転んだ時に当たるものがないかは確認しておきましょう。キャリーバッグは積もりたての雪の上ではスムーズに動かないので意外と不便なこともあります。

ホテルは暖房が入りっぱなしで乾燥するので、加湿器を貸してくれることもあるので必要なら確認してみましょう。加湿器がなければ水がたれない程度に濡らしたタオルを部屋に干しておきましょう。乾燥でノド風邪をひいてしまわないように、湿度にも気を付けて下さいね。

お店などから出てきた時に吹雪いていたら、迷わずお店に戻ってタクシー手配してもらうことも忘れずに。

北海道の雪は気温が低いためにサラサラしていてコートなどについても叩けば簡単に落ちますが、転んでしまうと濡れてしまう可能性が高いです。

基本的には転ぶことを想定して服装、持ち物を選んでおくと安心です。帰るまでに転ばないで済んだら「無事で良かった」と思いましょう。転んでしまってから後悔しないようにして下さいね。

さいごに

2月の北海道へ行く際、靴は防滑&防寒&防水で選びましょう。

貼るカイロや貼らないタイプのカイロも忘れずに、寒くないと楽しめないこともたくさんありますので、寒さも含めて真冬の北海道を楽しみましょう!

北海道
スポンサーリンク
日本国内を旅しよう
タイトルとURLをコピーしました